Twitterのフォロワーは多いほど好ましいですが、あなたがフォローする人数は多くても10人にすべきです。

 

WEB版の画面で言うと以下の箇所ですね。私はいま8名になっています。

 

 

今回はこの理由について書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

貴重な時間を無意識のうちに吸い取られるから

 

理由はたった一つで、フォロー数が多いと貴重な時間を無意識のうちに吸い取られるからです。

 

Twitterを開いた人がどんな行動をするかというと、もっとも新しいツイートから見始めて下にスクロールしていき、前回見たツイートに気付くまでずっとTwitterを見続ける。

 

多くの人はそのような行動をしているはずです。

 

前回見たツイートに気付くまでスクロールを続けるので、フォロー数が多いと目を通すツイートも多く、その分時間もかかってしまいます。

 

なので、フォローしていい人は多くても10人だと個人的には考えています。

 

読まないと損するツイートなんてない

 

そのように断言できるのも、読まないと損するツイートなんてないからです。

 

なぜなら、Twitterはそもそも情報の拡散に向いているツールで、また140文字しか入力できないので、物事を広く深く伝えるのに向いていないからです。

 

また、いろんな人のツイートが無造作にタイムラインに表示されるので、人が変わる度に思考がブツブツと切れます

 

このため、良質なインプットには向かないメディアだと思った方がいいです。

 

スポンサーリンク

ハッとさせてくれる人だけ10人くらいフォローすればOK

 

ではどのような使い方をするのがいいのか、一言で言うと

 

「ハッとさせられて、自分の行動のきっかけを与えてもらう」

 

のがいいです。

 

「自分が行動する」というところがポイントで、ツイートをいくら読んでも自分の人生は良くならないからです。

 

「ハッとさせてくれる」の基準は一人一人違うと思うので、ご自身が直感でそのように感じる人をフォローすればいいと思います。

 

私の場合は、世の中の大多数の人の状況や抱いている感情を端的に言語化できる人や、若い人たちが今後進むべき方向性について本質を語れる人、をフォローしています。

 

最後に、この観点で私が特にオススメするアカウント3つをご紹介して、終わりたいと思います。

 

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

それでは、また!

 

1.イケダハヤトさん

 

 

2.マナブさん

 

 

3.ちきりんさん

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事