ソーシャルレンディングの事業者が潰れた場合、預けていたお金はどうなるのか?

 

ということをふと疑問に思ったので、クラウドバンクさんにメールで聞いてみました。

 この記事はこんな方向けに書いています

ソーシャルレンディングへの投資を検討している。もし事業者が破産した場合、預けていたお金は全額ちゃんと戻ってくるのか?を知りたい。

 あなたがこの記事を読むメリット

・銀行預金とは異なり、ソーシャルレンディングでは事業者が破綻した場合、預けていたお金は全額戻ってくるとは限らないことを理解することができる。
・また、お金が「投資前」「投資中」で状況がどのように違うのかも理解することができる。

 この記事の信頼性

本記事で書かれている情報はググったものではなく、実際に私が愛用しているクラウドバンクにメールで問い合わせて、担当の方から頂いた信頼できる情報です。
スポンサーリンク

事業者が倒産したらお金は戻って来ない可能性がある

 

結論から言うと、事業者が潰れたらお金は戻って来ない可能性があります。実際に私が質問した内容と回答を転載します。

 

日本クラウド証券が破綻した場合、顧客の資産は全額保全されますでしょうか。
お客様がクラウドファンディング口座に預託し出資されていない資金および営業者からお客様のクラウドファンディング口座に返還された出資金ならびに分配された利益に係る資金は、お客様による各投資ポーションへの出資またはクラウドファンディング口座からの出金までの間、当社がその預託を受けることになります。そのため、当社について法的倒産手続(破産手続、民事再生手続、会社更生手続、特別清算手続およびこれらと同様の趣旨を有する外国法令上の手続をいいます。以下同じ。)が開始された際、出資金および分配金となるべき資金が当社の債権者に配当せられるべき当社の総財産に組み込まれる法的リスクがあります。この場合、お客様の資金に欠損が生じるおそれがあります

お金が「投資中」の場合は案件の行方次第

 

続いて、預けているお金が「投資前」「投資中」の場合に状況が違うのかどうか?も聞いてみました。結論としては、融資先に問題がなければ全額返還される可能性はあるが、断定はできない、という回答でした。

 

「投資前」「投資中」で状況が異なる場合は、それぞれにつきご案内頂けますと幸いです。
ご質問の「投資前」とは、資金が未投資額として当社の預り金となっている状態のことであり、「投資中」とは、資金が営業者または融資先企業にある状態のことであるという前提でお答えします。
「投資前」の資金につきましては、上記の回答のとおりです。
「投資中」の資金につきましては、資金は当社にはなく、営業者または営業者から融資を受けた融資先にありますので、営業者および営業者から融資を受けた融資先に問題がなければ、当社におきまして法的倒産手続が開始されましても資金が全額償還される可能性があります
ただし、営業者または営業者から融資を受けた融資先の信用状況に変化が生じた場合は、お客様に返還すべき出資金元本額およびお客様に分配すべき利益に欠損が生じるおそれがあります。
スポンサーリンク

財務状況の健全な事業者で投資しましょう

 

上記の回答はあくまでクラウドバンクからのものであり、他事業者での状況を保証するものではありません。しかし、第一種金融商品取引業者という最も厳しい規制の中で営業しているクラウドバンク以外の事業者が、これより良い条件だとは考えにくいです。事業者の財務状況、めちゃくちゃ大事ですね。

 今回のまとめ

・銀行預金とは異なり、ソーシャルレンディングでは事業者が破綻した場合、預けていたお金は全額戻ってくるとは限らない
・これは「投資前」「投資中」に関わらず同じ。
・このため、財務状況の健全な事業者で投資することが非常に重要
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事