コアレンジャーなどのレンジ相場を想定したFX自動売買サービスにおいて、豪ドル/NZドルのスワップはプラマイが逆転する可能性があります。

 

具体的には、現時点では以下のように買い注文でマイナス、売り注文でプラスとなっていますが、今後は買い注文でプラス、売り注文でマイナスになる可能性もあるということです。

 

どういうことか?具体的に見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

現時点の金利は豪よりNZが高い

 

プラマイが逆転する理由を説明する前に、基本をおさらいします。

 

まず、現時点では米ドル/円を買うとプラスのスワップがもらえるのですが、これはアメリカの方が日本より金利が高いからです。

 

同じように、豪ドル/NZドルが買い注文でマイナススワップということは、現時点ではオーストラリアよりニュージーランドの方が金利が高いということです。

 

政策金利で言うと、現時点ではオーストラリア1.50%、ニュージーランド1.75%となっています。

 

NZは今後利下げの可能性も

 

で、なぜこれのプラマイが逆転するかと言うと、ニュージーランドは今後利下げの可能性があるためです。

 

【ロイター】NZの第1四半期CPI、予想下回る 利下げ観測でNZドル急落

https://jp.reuters.com/article/newzealand-economy-cpi-idJPKCN1RT01W

 

理論的には、ニュージーランドの政策が1.50%以下になり、オーストラリアを下回ればスワップのプラマイも逆転します。

 

スポンサーリンク

政策金利の近い通貨ペアは買いと売りのバランスを

 

この記事で結局何がお伝えしたかったかと言うと、

 

政策金利の近い通貨ペアは片方のちょっとした利上げ、利下げでプラマイが逆転する可能性がある。

 

現時点のプラマイを過信して、買い注文と売り注文の片方が偏ることのないよう、バランスよく注文しましょう。

 

ということでした。

 

今回の内容が少しでもお役に立てば嬉しく思います。

 

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事