トライオートFX「コアレンジャー豪ドル/NZドル」を運用していて、レート1.04〜1.09の間で一度注文設定をセットしたけれど、予想外にレートが1.03台まで落ちてきてしまった。

 

証拠金は十分にあるので、このレンジでも売買できるように注文設定を追加したい。

 

今回はそんな場面での操作方法について解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

注文を新規追加する機能はなく、既存の注文をコピーする

 

まず前提として、トライオートFXには、注文を「新規追加」する機能はありません

 

代わりに、既存の注文を「コピー」する機能がありますので、これを使います。

 

では、今回は以下の注文を例に解説していきます。

 今回追加する注文

レート1.03において、20pips上がったら売る。その後、レート1.03に戻ってきたら再度買う。損切りはしない。

WEB版の場合

 

1.コピーしたい注文を開き、「コピー作成」ボタンを押す

 

 

2.設定の詳細を入力する

 

赤枠の箇所を入力します。損切りしたくない場合は、「損切幅」を空白にすればOKです。

 

 

その後、「稼働」を押せば完了です。

 

なお「稼働」ボタンの上にある「ON」「OFF」の違いは以下のとおりです。

 今回追加する注文

ON : 設定を保存し、そのまま稼働も開始する
OFF : 設定は保存するが、稼働はしない

 

スポンサーリンク

スマホ版の場合

 

1.コピーしたい注文を選択し、「コピー作成」ボタンを押す

 

左から2番目の紫のボタンを押します。

2.設定の詳細を入力する

 

以下のように設定します。

スクロールして以下も入力します。

「OK」を押すと確認画面が表示されるので、問題なければ「稼働」を押します。

以上で設定は完了です。

 

なお、WEB版にはあった「ON」「OFF」機能は、スマホ版にはありません

 

すぐに稼働したくない場合は、設定後、すぐに停止しましょう。「コピー作成」の左の電源ボタンから停止できます。

レートの動きに応じて設定を追加しましょう

 

トライオートFXでは、自動売買セレクトでも、設定をカスタマイズしても、当初想定していたレンジからレートが外れてしまうことがあります。

 

レートがレンジ外に行ってしまうと注文がされず稼げなくなってしまうので、証拠金に余裕があれば、自分で設定を追加してみましょう

 

その際に、今回の内容が少しでもお役に立てば嬉しく思います。

 

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事