前回は、サラリーマンを辞められない人の思考について書きましたが、

 

今回は勢いで辞めてしまった人に起こることについて書いてみます。

 

結論から言うと、辞めたシーンを想像したときに強い不安を感じるなら、それはまだ辞めるべきではありません

 

なぜでしょうか?理由をみていきましょう。

 

スポンサーリンク

仕事のストレスがお金のストレスに変わるだけだから

 

その理由とは、辞める前から心配な人は、勢いで辞めたとしても、ストレスがなくならないからです。

 

具体的には、仕事のストレスが、お金のストレスに変わるだけだからです。

 

そもそも会社を辞めたいと考えている方は、「自由になりたい」というのが動機である場合が多いと思います。

 

でも、せっかく辞めても一日中お金の心配をしていたら、それはとても自由とは言えないですよね。

 

では辞めたい人はどうすればよいでしょうか?

 

副業と資産運用で精神的な安定を

 

対策としては、辞める前に二つの収入減を確立するのがオススメです。

 

一つ目は副業。これは「会社の外」で自分の労働力を提供して稼げる感覚を、辞める前に持っておくことです。

 

具体例としてはプログラミング、デザイン、ライティング、いろいろな手段があります。

 

二つ目は資産運用。これは自分の労働力ではなくてお金に働いてもらう方法です。

 

こちらはデイトレードのような、一日中チャートを見ないといけないものではなく、自動売買FXやソーシャルレンディングのような、完全放置で増えていくものが望ましいです。

 

本サイトでは、私の自動収入カテゴリーの記事などで、私が身銭を切って自動収入を得る方法を研究しているので、ご興味があればご覧ください。

 

二つを併用する理由は、精神的な安定を実現するためで、より具体的に言うと以下3つがあります。

 

・収入減が複数あると安心する

・副業は働かなければならないがまとまったキャッシュが入りやすい

・資産運用は額は小さいが働かなくても入ってくる

 

額が大きければ片方だけでも大丈夫ですが、そうでなければ二本柱を立てるのがオススメです。

 

スポンサーリンク

どんなに稼いでも不安はゼロにならないので最後は勢い

 

ただ、会社員を卒業した方のお話を聞いていると、どんなに稼いでいても不安はゼロにならないと口々に言っています。

 

なので、副業+資産運用で最低限生活できる感覚が得られたら、最後は勢いで飛び出すべきだと思います。

 

自由とは、頭の中に心配事がないこと

 

ということで、目先の苦痛から逃れたいからといって、勢いだけで辞めないように気を付けましょう。

 

自由って、頭の中から心配事がなくなって初めて感じられるものだと思うんですよね。

 

その意味では、自由とはサラリーマンだと得られないものではなく、毎日ワクワク働けているならどんな立場でも感じられるものだと考えています。

 

最後は勢いですが、辞めた後に自由を感じるためには、副業と資産運用で一定の準備をしておきましょう。

 

なお一点だけ補足をしておくと、精神的に病むレベルまで追い込まれている方はこの限りではないので、どんな状況だろうと今すぐに辞めるべきです。

 

というお話でした。

 

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しく思います。

 

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事