ソーシャルレンディングをやってみようと思っているけれど、どこの事業者に口座開設するのがいいんだろう?

 

そんな悩みを感じている方に、2年間運用した私がおすすめする事業者をご紹介します。

 

スポンサーリンク

おすすめはクラウドバンク

 

結論から言うと、私のおすすめはクラウドバンク一択です。その理由は2つあります。

 

1.貸し倒れが今まで一度も発生していない

 

一点目は、貸し倒れが今まで一度も発生していないから。

 

ソーシャルレンディングは元本を保証しない金融商品なので、貸し倒れ率は最も重要です。

 

それが2013年12月以降、一回も発生していないというのは素晴らしいですよね。

 

 

 

ウェブサイトでは調子のいいことを唄っているけれど、本当のところはどうなんだ?

 

というのが気になる方のために、私の成績もシェアしておきます。

 

上のスクリーンショットは私がクラウドバンクでの運用を開始した、2017年以降の累計利益額ですが、右肩上がりになっていることが分かって頂けるかと思います。

 

本記事執筆時点で183,199円の利益が出ています。

 

運用金額は時期によって増やしたり減らしたりしてますが、平均すると200万円くらいなので、平均利回りは税引後で5%弱といったところです。

 

最近はまた運用額を増やしており、現在314万円を投資しています。

 

スポンサーリンク

UI/UXが秀逸

 

もう一つの理由は、UI(ユーザーインターフェース)やUX(ユーザーエクスペリエンス)が秀逸である点です。

 

実際にサイトを見て頂きたいのですが、ソーシャルレンディング事業者のサイトで、こんなにワクワクする、投資したくなったところ初めてです。

 

アカウントを作ると利用できる管理画面も最近リニューアルされ、さらに見やすくなりました。

 

おそらく優秀なUI/UXデザイナーさんが中にいらっしゃるのだと思いますが、デザインが美しく使いやすいということは、ユーザー体験をとても大切にしているカルチャーが社内にあるということなので、私はこのサービスにとても好感を持っています。

 

他の事業者には登録しなくてOK

 

逆に、それ以外の事業者はいったん登録しなくて大丈夫です。私も登録していないので。

 

では自分が他の事業者に登録していないのに、なぜクラウドバンクがベストだと言い切れるのか?

 

他の事業者は貸し倒れや不祥事を起こしている

 

理由はカンタンで、他の事業者は貸し倒れや不祥事を起こしているからです。

 

実は業界最大手のmaneoは私も登録しようとしていたのですが、2018年7月13日に行政処分が行われたのをきっかけに、見送ることにしました。

https://www.fsa.go.jp/news/30/shouken/20180713.html

https://cdn.maneo.jp/material/fund/news/info20180713.pdf

 

また、貸し倒れの実績こそ確認できていないものの、最近は返済の遅延も立て続けに発生しており、心配です。

https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=7550

https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=7549

https://www.maneo.jp/apl/information/news?id=7548

 

いろんな事業者を調べましたが、maneoはこれでもまともな方で、他の事業者では普通に貸し倒れが発生しているところもあります。

 

かといって、私の知る限りクラウドバンクを凌駕するポイントも特にありませんでした。

 

なので、これからソーシャルレンディングを始める方はまず、クラウドバンクからスタートすることを強くおすすめします。

 

慣れてきてリスクを取りたくなったら、他の事業者にも登録してみるのがいいですよ。

 

今回のまとめ

ソーシャルレンディング事業者はクラウドバンク一択。理由は以下2点。
1. 貸し倒れが一度も発生していない
2. サイトのUI/UXが秀逸
その他の事業者はこの2点においてクラウドバンクに大きく劣るので、いったん登録しなくてOK。
スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事