本サイトは現時点で開設6ヶ月になりますが、ありがたいことに2ヶ月連続で成果が発生しました。

 

 

これはもちろん、私が記事中で広告を貼り、金融商品をご紹介しなければ発生していない成果です。

 

ところが、稼ぎたい欲に目がくらんでペタペタと広告をはるのはオススメしません

 

今回はその2つの理由について書きたいと思います。

 

スポンサーリンク

1.読者の方が広告臭に気付き、離脱してしまうから

 

一つ目の理由は「読者の方が広告臭に気付き、記事から離脱してしまうから」です。

 

なぜ広告臭に気付くと離脱してしまうのかというと、広告が多いと押し付けられている印象を受けるからです。

 

人はみな自分で納得して、自分の意思でモノを買いたい心理を持っています。

 

なので、少しでも「あ、この人、売りつけようとしているな」と思われてしまうと、どんなによい商品でも買ってもらえません

 

なので広告は、読者の方が違和感を感じないように細心の注意を払って貼るべきです。

 

貼れば貼るほど売れるのであれば、企業も広告費は無限に使っているはずですよね。

 

実際はそうではないから広告費が限られている訳で、それはブログでも一緒です。

 

2.どの記事、どのリンクから成果が発生したのかが分からないから

 

二つ目の理由は、「広告を貼りすぎると、仮に成果が発生しても、どの記事のどのリンクから発生したのかが分からない」からです。

 

これは想像しやすいのではないでしょうか。

 

実際、冒頭の私の成果も、正直どの記事のどのリンクから発生したのかが特定できておらず、反省しています。

 

「発生すればなんでもいいじゃないか」

 

という考え方もあるかと思います。

 

ですが、やはり記事とリンクが特定できた方が今後の改善に活かせますし、さらに売り上げを伸ばすことができるはずです。

 

スポンサーリンク

大切なのは読者の方に寄り添うこと

 

結局、私たちがブログアフィリエイトにおいてすべきことは、広告をペタペタ貼ることではなく、読者の方に寄り添うことだと思います。

 

初めての訪問で悪い印象を与えてしまうと、次回別の機会に訪問してもらえたときに、今度はサイト名を見ただけで離脱されてしまいます。

 

そう考えると、仮に商品を買ってもらえなくても、いい印象を持ってもらえるサイトや記事を作ることが長期的に安定したアクセス、ひいては収益につながるはずです。

 

ベタですが、大切なのは結局「信頼」なのだというお話でした。

 

今回の内容が少しでもお役に立てば嬉しく思います。

 

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事