2018年11月3週目からインヴァスト証券のトライオートFXコアレンジャー_豪ドル/NZドル」を始めたので、その成績を記録していきます。

 運用条件

証拠金入金額:
600万円(最初の8週間は150万円、9週目から200万円、10週目から300万円、14週目から400万円、17週目から600万円です)
注文数量:
20pips間隔で30本の注文を10000単位と、10pips間隔で50本の注文を10000単位、注文しています
設定:
9週目からは以下の設定ポリシーを採用。最初の8週間は初期状態(自動売買セレクト)を採用。

 

以下がスクリーンショットです。クリックすると拡大します。

 

 

17週間運用した結果、利益は122469円でした(↑の画像の最上部左上の値)。

 

入金した証拠金600万円に対しての年利は6.26%です。

 

スポンサーリンク

損益曲線

 

ここでは運用開始から今までの損益の推移を残していきます。

 

約定照会

 

今週は以下のとおり、1本の建玉が約定しました。

 

 

今週の動きとしては、証拠金が新たに200万円入金できたので、1.03〜1.04の間に5本の買い注文を追加しました。

 

しかし相場は相変わらず緩やかな下落傾向にあるので、20pips間隔だと買い注文が約定するのは週に1件、多くても2件という状況です。

 

また、豪ドル/NZドルペアのスワップポイントはもともとマイナスなのですが、最近そのマイナス幅が大きくなったこともあり、週に1〜2件の約定だとトータルでマイナスになってしまうことも分かりました。

 

要するに、レンジ相場だからといって買いまくればいい、という訳でもないのです。買いすぎるとマイナススワップで資金が目減りしていきます

 

そんなことを学びました。この話は重要なので、ノウハウがまとまったら改めて記事にする予定です。

 

今週は以上です。

このレポートが、これから運用を開始される方にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

私の投資戦略のメインとも言えるこのトライオートFX、口座開設は無料、かつ5分でできますし、キャッシュバックキャンペーンもよくやっています(詳細はリンク先にて)。

もし興味がありましたら一緒に運用しましょう!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事