ブログの毎日更新をしている方が確実にぶつかる壁が、ネタ切れ問題。

 

どんなに好きなテーマで書いていても、時にはネタが思いつかない日があるのではないでしょうか。

 

そんなときはいったんPCから離れて、お風呂に入りましょう。

 

そうすると不思議なことに、ネタが思いつきますよ。

 

今回はその理由について書きたいと思います。

 

(ちなみにこの記事のネタも先ほどお風呂に入っているときに思いつきました!)

 

スポンサーリンク

お風呂はインプットがほぼゼロになる場所だから

 

お風呂に入るとブログのネタが思いつきやすくなる理由は、お風呂という場所が、インプットがほぼゼロになる場所だからです。

 

インプットがゼロになると、脳は外からの情報を処理する必要がなくなるので、リソースはほぼ100%空きます

 

リソースが100%空くと、脳はそれを自然と考えごとに使う仕組みになっているようです。

 

ブログのネタを探そうとSNSやウェブサイトを見ていても、一向にアイディアが湧かないのはこのためです。

 

何かを見ているときは、脳がその情報の処理にリソースを使ってしまうからなんですね。

 

ということで、ちょっと考えてネタが思いつかなければすぐにお風呂に入ってしまいましょう。

 

お風呂から出ると忘れてることも多い

 

ただし、ひとつ注意点があります。

 

それは、お風呂でネタが思いついても、出たときには忘れていることが多い、ということです。

 

これはおそらく、お風呂から出ると、いつもどおりインプットの多い環境に戻ってしまい、情報を処理し始めてしまうからだと考えています。

 

なので、万全を期するのであれば、お風呂の外にメモを置いておいて、思いついたときにすぐに残しておくのがオススメです。

 

お風呂の中で使えるメモグッズとかも探せばあるかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

トイレ中、ランニング中なども効果的

 

今回はお風呂の例を取り上げましたが、トイレ中やランニング中なども効果的です。

 

これらは行こうと思ってすぐに行けるものではないので活用が難しいのですが、無意識に動作することができ、インプットがほぼないという点ではお風呂と同じ環境になります。

 

ですので、こういう環境もアイディア出しに活用したいのであれば、トイレやジムでもスマホは見ない方がいいですね。

 

スマホは、思いついたアイディアを残すメモとして使うべきだと思います。

 

今回の記事が少しでもお役に立てば嬉しく思います。

 

それでは、また!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事