あなたが何かを買ったときに、クーポンがあるから買ったのだとしたら、それは無駄遣いです。

 

今日はその理由について書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

それはクーポンがなければ買わなかったもの

 

理由はものすごくシンプルで、クーポンがあるから買ったということは、それはクーポンがなければ買わなかったものだから、これに尽きます。

 

クーポンの何が恐ろしいかと言うと、たいして欲しくないものであっても、使うとおトクに感じてしまうことです。

 

おトクに感じると、脳から快感物質が出てしまうのです。

 

クーポンを集める癖がついてしまう

 

ティッシュや洗剤など、いずれ使う生活必需品であればクーポンを使ってもいいのでは?

 

そのような意見もあるかと思いますが、私は生活必需品であってもクーポンを理由に買うべきではないと考えています。

 

その理由は、クーポンを使うことで分泌される快感物質には依存症があり、気付いたらクーポンの情報を集める癖がついてしまうからです。

 

スポンサーリンク

クーポンを集めるデメリット

 

クーポンを集めることのデメリットは2つあります。

1.集めていると、そのうち欲しくないものにも使ってしまうから

2.集めて管理するという行為自体に時間とエネルギーを吸われてしまうから

 

そもそもトクをするための手段のはずだったクーポンに、結果的にお金も時間もエネルギーも吸われてしまう訳です。

 

セール情報やポイントについても同じ

 

今回はクーポンを例にお話ししましたが、これを「セール情報」や「ポイント」に置き換えても全く同じことが言えます。

 

節約ネタはいつの時代もものすごく人気ですが、そもそも節約で浮かせられる金額には限界があるので、その労力は稼ぐことに充てるべきなんですよね。

 

今回の話が少しでもお役に立てば嬉しく思います。

 

それではまた!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事