インヴァスト証券のトライオートFXをさんざん勧めておいてなんですが、FX自動売買は投資初心者の方にはオススメしないです。

 

今日はその理由についてお話したいと思います。

 

スポンサーリンク

ポジションを持つと初心者ほど感情が乱されるから

 

理由はシンプルで、人はポジションを持つと感情を乱され、それは投資初心者ほど顕著だから、です。

 

そしてポジションを持つと感情を乱される理由は、人間には「儲けたい」「損したくない」という欲求が生まれながらにインストールされているからです。

 

加えて投資初心者は「含み益」「含み損」が出ることに慣れていませんから、ベテラン投資家に比べ、チャートがどちらに動いても感情を大きく揺さぶられてしまいます

 

おまけに、FX自動売買は勝手に買いまくったり売りまくったりしますから、もう気が気じゃありません。平日はもう一日中チャートに張り付くことになります。

 

その結果、放っておけば成績が安定していたのに、手動で利確や損切りを行ってしまい、結果的に損して撤退してしまう。

 

そんな結果になる可能性が高いです。

 

FX自動売買において手動でいろいろいじることのデメリットについては以前、以下に書きました。

 

最終的には自動売買の方が稼げることを頭では分かっていても、「儲けたい」「損したくない」という欲求が判断と行動を狂わせてしまうんです。

 

FX自動売買への参入は、ポジションを持つことへの耐性ができてから

 

ということで、投資初心者の方は以下のステップを踏むのが良いです。

 

具体的には、まずはチャートの存在しない金融商品、例えばソーシャルレンディングから始めます。

 

そして投資で「勝つ」経験がちゃんとできたら、豪ドルスワップなどのチャートの存在する投資にチャレンジします。

 

手動でポジションを持つことに慣れたら、トライオートFXなどのFX自動売買に進む。

 

以上のプロセスを踏まれることをオススメします。

 

スポンサーリンク

ほったらかし投資にも難易度がある

 

ほったらかし投資というと、誰でもすぐに取り組めそうな印象を受けます。

 

理屈としては確かにその通りなのですが、すでに述べた通り、実際にやってみると自らほったらかしのルールを破ってしまう、ということが起きてしまいます。

 

それは、神様が私たちにインストールしてしまった「稼ぎたい」「損したくない」という欲求のいたずらなんですね。

 

なので、この欲求を上手くコントロールできるようになる必要があり、それにはステップがある。

 

そんなお話でした。

 

この話がみなさんの投資活動に少しでも参考になれば嬉しく思います!

 

それでは、また。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事